忍者ブログ
06 2018/071 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 08

飲んだくれながらフェイダーを上げたり下げたり。幕が閉まると観客が地明かりを求めます

07.19.01:30

[PR]
  • [CATEGORY:

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10.30.02:00

劇評?テアータ80にお世話になりました。
  • [CATEGORY:演劇 COMMENT:0 TRACKBACK0]

本日は、劇団テアータ80で第39回公演「ロマンチック」のお手伝いをさせていただきました!

普段、舞台の事しかやらない私が、ついに人生初の受付のお仕事をしたのです!!

言葉遣いや、声掛けのポイント、礼の仕方や半券・パンフの渡し方まで
たくさんの事を学びました。(きっと普通の事なんでしょうが、私にはどれも新鮮でした。)
これは絶対に小説にせねば!!

と、勝手に意気込んでいます。

それから、受付が落ち着いたころに、劇の方も見に行きました。
冒頭部分が終わってしまっていましたが、一時間半ぐらい見ました。
その感想は、続きに書こうと思います。

劇終了後には、皆さんで飲み会へ行きました。
私は、ウミウシ以外の人といったことがなかったのでとてもこれまた新鮮でした。
私も、ジョッキ片手にいろんな人のところへ歩ける人になりたいです。
そして、この人見知りを何とか治したいです。

そんなこんなで、テアータの皆様 声の小さい背も小さいおどおどしたやつがお世話になりました。
明日もよろしくお願いします。

皆様の劇が成功し、私の人見知りが直りますように。

では、下に劇評です。

拍手[2回]

PR

劇評「ロマンチック」

08.09.09:26

本日は劇団のCM
  • [CATEGORY:演劇 COMMENT:0 TRACKBACK0]


昨夜は、劇団の練習に三週間ぶりぐらいに行きました。

なかなか賑やかで話がつきなくて

気づいたら次の日が目前に迫っていました。

そんな劇団で、今度公演をします。

Unitウミウシ第4回自主公演
『ゼミトピアについての試論』
作・演出 徳永達哉
9月25日
時間 昼 開場13:30 開演14:00~
    夜 開場18:30 開演19:00~
場所 文化の森21世紀会館イベントホール
チケット 前売り500円 当日700円

あらすじ
大学生の高坂コボルは、岡倉天心が思索にふけったという五浦の六角堂に訪れた際、津波に六角堂もろとも流され、そのショックから自分を岡倉天心だと思い込んでしまった。そこで義父である高坂教授にが、落ちこぼれのゼミ生軟田フカノに、天心の師であり共に活動していたフェノロサとしてコボルの相手をさせるのだが……。二人の目くるめくユートピア。


役者ではありませんが、裏方でお仕事しますので、(何が言いたいかというと舞台に出ているんだから)買って下さい★←

そんなこんなな一日。

もしよければ、クリックしていただけると、うれしいです★ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへにほんブログ村 小説ブログ 短編小説へにほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

拍手[0回]

04.10.10:04

本日から
  • [CATEGORY:演劇 COMMENT:0 TRACKBACK0]


本日から、また、舞台の練習が始まります。
さてさて、次の舞台で主宰どんなことをするのだろう。
今から楽しみです。
主宰だからこそ、私も働き甲斐があるというものです。

今年の第一回公演は終わってしまいましたが、まだ、あと二回は計画中のようなので、またこの場を借りて報告させていただきます。

今回の舞台の目標を今から考えたいと思います。
それは、
「役者に役者以外の仕事をさせない」

できるかな…。

今から不安ですが、目標を高く持つことは大切だと思うので
今のところはこの目標で行きたいと思います。

さて。
練習に行く準備しましょうか。

拍手[0回]

04.03.21:38

感想「夜キタル」
  • [CATEGORY:演劇 COMMENT:0 TRACKBACK0]

本日は、徳島県立シビックセンターで二回上演した
阿波高等学校演劇部による「夜キタル」を二回とも見に行きました。

で、その感想です。


拍手[0回]

感想

03.27.23:37

舞台の終わり目
  • [CATEGORY:演劇 COMMENT:0 TRACKBACK0]

昨日、舞台を終え、打ち上げをして家に帰ったのは次の日をまたいで今日の午前6時。
帰り道の途中でコンビニに入り、立ち読みをしている間に五回ほど転んだ。
眠気で、目が開けられなかった。

私は、舞台隅で暗転中に板付き


モトコ なんか久しぶりね。こういうの…

マリモ ……。

キネマサ ……。

ミチル だね。

舞台照明が明転 赤と青の照明

手を伸ばしたかった。
私がほしかったものが
そこにはたくさんあふれていた。

ミチル ああ。

ソノコ ほらほら、窓の外を見てみろよ。出かけようぜ。

ミチル まず、目が覚める。

ソノコ 布団から出る。

ミチル 部屋をでる。

ソノコ 家をでる。

ミチル マンションを出る。

ソノコ 空はとても青いです。

ミチル 風はとても冷たいです

ソノコ 太陽はとてもまぶしいです。

ミチル 初めの第一歩。

私はいつ外に出られるのだろう。

 

拍手[0回]