忍者ブログ
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

飲んだくれながらフェイダーを上げたり下げたり。幕が閉まると観客が地明かりを求めます

11.19.09:51

[PR]
  • [CATEGORY:

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04.09.13:35

小説更新「グリム童話的官能小説」

ここに来ない間もかなりの数の話を書きました。
早速すこしづつ公開していこうと思います。

頻度的には一週間に一回(曜日不明)にしようと思います。

さっそく本日から公開していこうと思います。
これは、旦那さんと一緒にいたときに思い付いた作品です。
一番最後にグリム的解釈も載せていますので、昔に比べれば分かりやすくなっている…ハズです。

ではどうぞ。
===================================

グリム童話的官能小説

作 あるとにあ

 彼女は小さなお城に住んでいる女の子でした。小さなお城には、遊具はもちろん遊戯は何一つありません。ただ、お風呂場と、キッチンと寝室と談話室以外に13のカギのかかった扉と部屋がありました。彼女は、毎日外に出かけ仕事が終わるとこの小さな城に戻るだけの生活をしていました。そんな生活をしている彼女は当たり前のように擦り切れた赤い靴を履いていました。そして、日よけに擦り切れた赤い頭巾をかぶっていました。

 しかし、そんな彼女にもひとつだけ遊戯がありました。それは、カギのかかった13の扉を一か月に一回、一室ずつ開けることでした。カギは彼女がすべて持っていましたが、この小さなお城にはこれ以外に遊戯がありませんでしたので、一か月に一回だけ部屋の扉を開けていたのでした。他にすることがあるとすれば、毬つきぐらいでしたがそんなことで彼女は満足できないのでした。彼女が一か月に一回だけ開けていった12の扉とその部屋はどれも扉を開けた途端に、眩い光に包まれていました。彼女はその素晴らしいありさまを見て喜びました。そして、その部屋の中にあるもので一か月を満喫していました。

 ある日のことです。その月はとうとう、13番目の扉を開ける日でした。彼女はほかの月と同じように13番目の扉のカギをドアの穴に差し込んでカギを回しました。ガチャリと扉のカギが開く音がしました。彼女は、そっと扉を少しだけ開けました。13番目の部屋は、ほかの12室とは違って開けた瞬間に眩い光はありませんでした。そのかわり部屋の中心に椅子が備えてあり、その椅子には鼻が高く、尻尾が9本あるオオカミガエルがいました。

 オオカミガエルは彼女を見つけると、久しぶりの訪問者に歓喜しました。そして、その大きな手で彼女に手招きをしました。彼女はオオカミガエルが喋らずとも自分を歓迎してくれていることが伝わりましたのでゆっくり扉を開いて中に入りました。オオカミガエルは彼女においしいお肉とワインを振る舞いました。彼女はとても喜んでそれらを食べました。オオカミガエルは、そんな彼女の姿を楽しそうに眺めていましたが、ふと彼女の擦り切れた頭巾と靴を見て、心配そうな顔になりました。彼女はそんなオオカミガエルの顔を見て心配をかけないように笑いかけましたがその顔は痛々しいものでした。オオカミガエルは、ふと立ち上がったかと思うと、13番目の部屋から糸車を持ってきました。そして、彼女に糸の作り方を教え始めました。

 彼女は不器用ながら少しずつ糸を引いていきました。オオカミガエルもそんな彼女を見ながら糸を引いてみせました。そうしてたくさんの糸を紡いでそれらをオオカミガエルは彼女にあげました。エルゼは喜んでそれらを受け取りました。これで新しい頭巾が作れると嬉しそうに糸を抱きしめました。
 
 そんな彼女を見たオオカミガエルは、また13番目の部屋から今度は真新しい赤いハイヒールを持ってきました。そして、彼女が履いていた擦り切れた靴を足から外すと自分が持ってきた赤いハイヒールに履き替えました。彼女は驚いて声も出ないほどでしたが、その靴の履き心地に感動していました。そんな彼女を見たオオカミガエルも嬉しそうにしていました。

彼女は、こんな惨めな生活をしていた自分にこんなにも優しくしてくれるオオカミガエルを次第に好きになっていきました。正確には、糸の引き方を教えてくれたあたりからですが、そんなことオオカミガエルを好きになった彼女には関係ありません。オオカミガエルも彼女がハイヒールを履いたことでのことで彼女のことをお姫様とそっと呼びました。彼女も相手はオオカミガエルだというのにそっとオオカミガエルの頬にキスをしました。

その時です。今までオオカミガエルだったものが、急に隣の国の王子様に変わりました。王子様は、彼女もといお姫様にうやうやしく頭を下げてエルゼに自分の城にきて結婚してほしいと言いました。お姫様は驚いて王子様に添えられた手を取り落しそうになりましたが、王子様が大好きな彼女はその手を添えたまま言いました。

「だんなさん。私どうしたのかしら。最近お洋服がきついの。」


END




※ 扉を開ける(鍵穴に鍵を入れる)/素足で靴を履く…グリム童話における性交のこと
※ オオカミ/カエル…グリム童話における一般的な男性のこと
※ 鼻が高い/しっぽが9つある…グリム童話における男性器が大きいということの比喩
※ 糸車…グリム童話における男性器のこと
※ 赤い~…グリム童話における卑しい階級の人間が身につけるもの
※ 「私どうしたのかしら。最近お洋服がきついの。」…グリム童話、ラプンツェルにおける一文。妊娠の意味。(昔のドイツの女性はコルセットを着ていたところから)
※ 扉をあける₂…グリム童話における欲を満たしていくさま(青髭/マリアの子 等)
※ 13番目の扉…性交をよしとしない考えから。(裏切り者ユダに由来する)

拍手[10回]

PR

01.04.22:49

濁った羊のお水からこんにちは



このブログを更新するたびに、報告しかしていない気がするのですが…

私、あるとにあは、先月12月26日に第1子を出産しました。
2600グラムの女の子です。
名前は愛生(メイ)といいます。

抱っことミルクが大好きな可愛らしい女の子です。
目はおとうさん(旦那さん)に似て(きっと)二重で、口元は私に似て(るらしい)

こんな可愛い子が私の中にいたと思うと不思議で不思議でたまらないのですが、
慣れない子育てもなんとかやってます。
旦那さんは忙しいみたいだし、私も睡眠不足を隠すことはできませんが
こんな私達を、これからも見守っていただけたらと思います。
ちょっとそこ!
ないと思ったでしょ?あるんだぞ。私でもあるんだからー(泣)

私の体調も(誰も来ていないのに書くが)少しづつではありますが、回復しつつあります。
帝王切開での出産でしたので、まだお腹に医療用テープつけてます(笑)
動くのに支障はないですよ。ちょっと痛いぐらいです。

身体の話になりましたので、すこし愛生の誕生について書こうと思います。

この子がお腹にいるとわかったのは一人暮らしを始めて二カ月ほどたったころでした。
仕事中に体調を崩すことが増えたので内科を受診したところ
「妊娠しているのではないか?」と
その時はそれっきりだったのですが、あまりにも体調がすぐれないので
妊娠検査薬を買って試したら・・・。って
その日は大騒ぎ(私だけが)母と旦那さんに電話しまくってね。
その日の夜も一人の不安とかで泣きながら寝た覚えがあります。
でも、旦那さんがくれたメールに励まされながらなんですけど、それでも怖かったり不安だったしたと思います。

次の日仕事を休んで病院で検査したら、メイがいたわけです。
エコー写真で見るメイは本当に小さくてまだ丸い物体のようにも見えました。
でも、そこには命があって、その命は私の中にあって…。

それからはちょっとした地獄でした。(私も周りも)
本格的につわりが始まったからです。
何も食べられなくなりました。
ギリギリ、フルーツを食べて生活していました。
末期には一人で飲み物も飲めてませんでした。旦那さんが飲ませてくれていました。

でも、これは私が自分の身内に迷惑をという意味では序の口でした。

このつわりは、結婚式まで続き(八月末まで)
それまでほとんど何も手につかなくなりました。
今思えば本当に馬鹿で甘ちゃんな考えだったのですが、
お腹に子供がいるという事実がちょっとしたプレッシャーになったのです。
先生がどんなに言っても不安になる病を発病。
旦那さんはみるみる痩せるし、義母さんには迷惑かけるし…。
そのあと、事故もやらかして自分の母親にも・・・ね。

つわりが終わってようやくすこしづつ料理を作るようになったのは10月ごろだったと思います。
生活にも慣れてきて、分からないなりにすこしづつしていました。
そんなある日(11月)にじぶんの調子がおかしいことに気がついた日がありました。
その日は、珍しくあまり胎動を感じませんでした。
そんな日はないことはないですが、半日たっても感じませんでした。
旦那さんを仕事に送り、義母さんと話をし、母親と出かけているときに事件は起きました。

陣痛が来たんです。

ちなみに、私の出産予定日は一月でした。
つまり早すぎるんです。

急いで病院に電話して飛び込み搬送
診断の結果、切迫早産でした。
切迫早産とは、簡単にいえば生まれてはいけない(早い時期に)陣痛が始まってしまうこと。
一度始まった陣痛は止められません。
だから、入院する必要があります。
原因は、いっぱいあるので一概には言えません。
私の場合は、はっきりしているので記録がてらに書きますが
女性の10パーセントは体内にある菌を持っています。
その菌が1パーセントの確率で膣内に入ると切迫早産を引き起こします。
薬(ウテメリン)で抑えるにも限界があります。
現に私は薬をしているにもかかわらず三回陣痛がきました。
先生にも35週を迎えられたらいいと言われていました。
なんとか37週を迎えられました。
でも、今思えば迎えれた…と喜べません。

来る12月26日の午前四時
私は薬の投与をやめました。
つまり、陣痛が来るという状況です。
薬は投与をやめてから5時間ほどで効果が切れて陣痛が起ります。
私も陣痛はきました。きっちり五時間後に。
陣痛はきたんです。でも…
お腹の子の心拍数は上がりませんでした。

ここで、解説を入れますが、
出産には、たくさんの要因が組み合わさって成立するものです。
特に下からの出産となると、母体だけの問題ではなくなります。
簡単にまとめると
母体は子宮の収縮による陣痛と子宮口が開く時間
子供は身体の動き方や位置なんかがそれになります。

メイはいつまでたっても心拍数がフラットのまま。
下がることはないが上がることもない。
これに加えて子宮口が三センチから先開かない。
きわめつけは、【羊水が濁ってる】ときた。
これは、お腹の中の胎児の体調が悪いことのしるしの一つなんだそうで
帝王切開となりました。

こうして、我が娘愛生は
12月26日 午後6時10分に
私、あるとにあと旦那さんの第一子としてこの世に誕生しました。

メイが生まれるにあたって私の体はとんでもないことになりました。
切迫早産を起こりにくくする薬を24時間点滴で入れ続けたので、両腕手の甲は点滴の針のあとで痣みたいになりました。
また、液体を入れ続けたので手がむくんだようになり、今も少しむくんでます。
お風呂にも入れなくて、(一週間に一回。一番ひどい時は九日)体中に汗疹ができました。とうぶん治らないでしょう。
採血も一週間に一回以上やったので両腕の関節部分もすごいです。
足もむくみました。最高で血管が見えないほどに!
ご飯を食べたらすぐに寝ないといけなかったので消化器官も少なからず…ね。
でも
でもね
愛生の存在は
命というのは
このくらいの犠牲は必要なのです。
むしろ
このくらいの犠牲で
あんなに素敵な命に巡り合えたことに
感謝しなければいけないのです。

旦那さんや義母さん。母親に、友達の皆様。たくさんの人々に支えられて
最後は生きる力で
愛生は私達のもとへ来てくれたのです。
ありがとう愛生
私の、私達のもとへ来てくれて。

何にも出来ない私だけれど。
これから頑張るね。












…だから、今日のお風呂で失敗しちゃったの見逃してね。

お母さんより


拍手[0回]

08.31.14:26

21才の夏休み 8・31

神聖かまってちゃんの歌に22才の夏休みってありましたよね。そのノリでタイトルをつけてみた。
今日は8月31日。残暑とはいえものすごく暑い今日この頃。
末広大橋のちょうどてっぺんを愛車アルトで時速60キロのスピードで駆け抜ける(遅すぎる)
少し上を見ると厚い入道雲が見える。それだけで夏を感じるが、明日から9月だ。
なんで、こんな前置きを書いているかといいますと、せっかく目の前にパソコンがあったので、今年の夏を振り返ってみようと思い立ったからであります。この前置きを見て私が今どこにいるかわかる人は多分一人だけ。
「あなたはその一人」でしょうか?
まあ、なにはともあれ今年の夏、21歳の夏を振り返ろうと思います。

今、私がいる場所のすぐ前には道があります。そこをひとつ左に曲がると、そこには「その一人」との思い出の道があります。ある時は、道に咲いている花を眺めている間に自転車で引かれたこともありました。そんなこともありました。
そんな道を歩きながら、振り返ってみました。
 6月…。妊娠が分かった時ですね。分かる前に吐き気・食欲不振…等々。その気があったので調べたことがきっかけでした。当時の私は一人暮らし。妊娠が分かった時、さみしかったり、不安だったり、うれしかったりで、毎日泣いていた。それより、うれしかったのが…「その一人」のメール。未だに大切にしていたりする。それから…。おっと、これは内緒。私だけの秘密にしておこう。うふふ。
 7月…。お引っ越し終了。新しい新居にて、新しい生活を始めました。今もそうだが、とっても幸せです。一緒にいられることが幸せ。一緒にねむれることが幸せ。でも、つわりは終わらない。結婚式の準備でせわしいのに、吐き気が止まらない。食事がのどを通らない。けど毎日楽しい。(結婚式の宿題以外は。)
 8月…。結婚式。これを語らずにはいられない。私達はたくさんの友人に恵まれていると感じた瞬間。親族に喜ばれてうれしかった瞬間。でした。今私の指に光る指輪が私の幸せの証です。みなさまありがとうございました。これからもよろしくお願いします。「その一人」料理は頑張るから…まずくても食べてね☆ミ
つわりは結婚式がピークでした。何も食べられなかった(泣)今は背中の痛みがピークです。いつもうめいていてごめんなさい。

というわけで、簡単に夏を振り返ってみました。
秋も幸せいっぱいでありますように…。カレー食べたいな。温泉行きたいな。映画みたいな。・・料理は頑張ります。

あるとにあ

拍手[3回]

07.18.14:43

青い枕を抱きながら

*注意*

愚痴です。それ以外の何物でもありません。

以上。

拍手[1回]

愚痴

07.01.22:43

かなりいきなりの報告

えーと。

かなりお久しぶりとなりました。
それだけではありません。今回はたくさん報告しなければならないことがあるのです。

でも、書くのが大変なので、一つに絞ってお話します。

それは…

「結婚」しました。

というわけで、湯浅じゃなくなったわけです。
ちょっぴりさみしい気もします。21年間名乗ってきたのでね。

でも、私はとっても幸せです。
もう少しすれば、大切な人とともに二人暮らしをすることができます。
それが待ち遠しくてたまらないんです。
旦那さんの前では恥ずかしくて言えないんですけどね。
一緒に居たいと心から願っていましたので…。

自分を大切にすることや、友達がどんなに大切な存在か。
そんな生きる上で大切なことはみんな今の旦那さんが教えてくれた節があります。
とても感謝しています。
そのおかげで私はこんなに幸せです。
これからもとっても幸せです。
そんな感謝もこめつつ、お慕い申し上げたいと思っています。

もちろんやりますよ。結婚式。
もちろん、やりますとも。
招待状が送られてきたら、ぜひお越しください。
おおよそ30人をみています。(たしか。)

人生の半分をズボンしかはいていない私には
とっても豪華なドレスをぜひ(笑)

では。今日はそんなところで。

拍手[2回]

   NEXT >>>