忍者ブログ
03 2018/041 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 05

飲んだくれながらフェイダーを上げたり下げたり。幕が閉まると観客が地明かりを求めます

04.25.13:39

[PR]
  • [CATEGORY:

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03.03.21:33

小話「奇妙な男の話」

小話更新します

小話「奇妙な男の話」

こんなもんなんだよ。

こんなものにたくさん悩んでいるんだよ。

必要で不必要なんだよ

その悩みは


では。

 小話 奇妙な男の話
 
作 あるとにあ
 
A:何をしているんですか?
 
B:見てわからないのかい?
 
A:何かの上で跳ね回りながら笑っていることしかわからないですね。
 
B:なんと!君はこの私の偉業がわからないというのかい?
 
A:ええ。何一つわかりません。偉業どころか奇妙です。
 
B:ああ、嘆かわしい。私の足元を見たまえ。
 
A:これは、ただの紙切れじゃないですか?
 
B:そう思うだろう?もっと顔をよく近づけてみてごらん。そんな安っぽいものじゃないよ。
 
A:あなたに踏まれ続けて泥だらけなので何かわかりませんよ。
 
B:そうだろう。これは金持ちの餓鬼が落としていった地図だよ。俺にかかれば、国境なんてこんなもんさ。
 
 
END

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら