忍者ブログ
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

飲んだくれながらフェイダーを上げたり下げたり。幕が閉まると観客が地明かりを求めます

11.19.09:51

[PR]
  • [CATEGORY:

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03.24.08:14

小説考察② 私が未来

今回は、先輩の三島様が運営するサイト「ワンダーランドの底の底」に投稿されている
小説「私が未来」の感想を書こうと思います。

前回より辛めに言っていますので、不快な方は、バックスペースでお帰りください。
ぜったいに私は、しーりません!⇒無責任とおもうならなおの事さようなら。

ではでは下にて


今回の小説は、三島さんの世界観を、小説という括りの中の語りにした感じ
新しい書き方をした跡があったと思う。

ただ、この小説を紙に印刷した時に感じたのは、もっと言葉を選ぶ必要があるということ。
言葉の音が悪いから、全体を見たとき、もさっとしている。
(これは、詩を書くときの私の独特の目線かもしれない)

仮に解決策を考えるなら、一度印刷か、紙に書いてみて、口に出して読むのが良い。
そしたら、違和感が出るから。
書くときには、韻を考えるなんかするといい。
そして、それを顕著に感じる最大の理由は、これが小説と私が感じられないところにある。
私は、これは詩のように感じる。
それが、意図かどうかはわからない。

しかし、言葉の選び方に雰囲気を出し、筋を追って書いているところは、言いたいことを伝えたという意思を強く感じる。未来とは、必ずしも明るいわけではなく、また、暗いわけでもない。その理由をきちんと述べたうえで、私の未来があるのだという「未来の見方」ではないだろうか。

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

どもっ、三嶋っす

感想ありがとでした。
言い訳なんかしないぜってことで、これについてはなにも言いません。
後、対策とか参考にします。
ありがとねー。

  • 2011年03月24日木
  • 三嶋
  • 編集
Re:どもっ、三嶋っす
私なんかの感想で、参考になるのでしたらとおもいます。
次は、どの作品を読もう♪
2011/03/25 00:18

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら